芸人のまぁこさんが、番組の企画で、48.4キロのダイエットに成功した事で話題になりました。

 

そのダイエットを支えた食材の1つが、枝豆なんです。

 

実は、食べる系のダイエット食品として、枝豆はかなり優秀な食品なんです。

 

そもそも枝豆って、大豆ですかね。

大豆と言えば、豆乳、納豆、豆腐などダイエットに良さそうなものばかりですよね。

 

あまり知られていない、枝豆ダイエットの効果的な方法や、効果、世間の声、失敗しない注意点を紹介します。

 

枝豆ダイエットの効果

 

 

枝豆ダイエットの効果とは

  • むくみの改善や予防の効果
  • 便秘の解消効果
  • 貧血の改善や予防の効果
  • 更年期障害の症状の緩和の効果

 

 

まず、ダイエットの効果が期待できるのは

 

枝豆に含まれる、カリウムの効果により、むくみの改善や予防効果

枝豆は、植物繊維が含まれることから、便秘の解消効果

 

 

ダイエット以外に体によい影響を与える効果が期待できるのがは

 

枝豆は、大豆イソフラボンが含まれていて、女性ホルモンに似た働きをします。

枝豆は、鉄分を多く含んでいます。特に女性は鉄分が不足しやすいといわれています。

 

これらの働きにより、更年期障害の症状の緩和や貧血の改善や予防の効果があると言われています。

 

枝豆ダイエットの方法

 

枝豆ダイエットの効果的な方法は、

  • 3食のどれかに枝豆を取り入れる
  • 間食に枝豆を食べる

 

枝豆ダイエットは、置き換えダイエットになります。

枝豆は意外と低カロリーです。

 

食事に取り入れる場合は、おかずを1品枝豆料理に置き換えたり、

枝豆ご飯にしたりなど、枝豆分は料理を減らします。

 

または1食を、枝豆+サラダに置き換えると効果が高まります。

 

ただし、枝豆だけの食事は止めましょう。

 

 

間食に枝豆に置き換えるのは、小腹が減ったら、枝豆を食べることにより、枝豆の植物繊維などで、満腹感を得られるようになり、

間食が低カロリーになります。

 

枝豆ダイエットの注意点

 

枝豆は、無塩の物を食べましょう

無塩ですので、枝豆に塩を振ったりしないようにしましょう。

 

1日で食べる量は、100g、30個位です。

 

間食に置き換える場合は、元々、間食を食べていた人だけにしましょう。

 

食べていなかったのに、間食を追加するのは本末転倒ですからね。

 

失敗する人は、枝豆を食べさえすれば、ダイエットが出来ると思って、枝豆の食べ過ぎによる失敗が多いですので

 

食べる量には注意しましょう

 

枝豆ダイエットの世間の声

 

 

 

 

おわりに

 

枝豆っておいしいから、ついつい量を食べ過ぎて、ダイエット失敗しちゃうなんて人、多いんですよね。

 

私も、ついつい食べ過ぎちゃうので、枝豆だけ食べるのは止めて、料理に入れるようにしました。

 

炒め物や、和え物も枝豆入れるだけで、食べ応え感が結構出るんですよね。

 

それでいて、食べ過ぎないですしね。

 

枝豆ご飯も良いですね。

私は、子供の頃から、グリンピースは苦手で、グリンピース御飯が苦手でしたが

見た目が同じ様なんですけど、枝豆御飯はおいしく食べてます。

 

こんな風に、枝豆って色んな料理にあうので、ダイエットも楽しみながら出来ますね。

おすすめの記事